クレジットカードの審査では、様々な観点から確認が行われる事になります。例えば年数です。
カードの申し込みをする際には、金融会社に対して申し込みデータを送付する事になります。そのデータに、居住年数と勤続年数があるのです。どちらも、審査には大きく関わってきます。
それで後者の勤続年数などは、長い方が有利ではあります。一般的には、1年を超えているか否かです。ですから会社に入ってから半年も経過していない方々ですと、カードの審査で落とされてしまう場合があります。逆に勤続3年や5年など長い方々でしたら、カードが発行される確率も高まる訳です。
ですからクレジットカードを作りたい時には、タイミングも1つのポイントになります。入社してから半年しか経過していない時は、もうしばらく待ってみる方が良い事も多いです。
それと居住年数も同様です。勤続年数と同様で、余り年数が短いと審査で落とされてしまう確率は高まります。逆に居住年数が長ければ、カードが発行される確率も高まる訳です。
http://www.redcrossvtnhuv.org/
このようにクレジットカードの審査では、年数が重要視される訳です。ですから確実に発行したい時には、既に申し込みをするのではなく、少し待ってみる選択肢もあります。